いろいろ足りない

不足分を補いたい

徒然

昨年から続いていることだが、本当に何もしてない。
動画配信を見ては時間を潰し、ゲームをしては時間を潰し、さらにはコロナ禍で体力が落ちて何かする体力がない始末。ついでに体重も増えている。
毎週のように酒を飲み、浅い睡眠のまま休日を過ごし、気だるい休日を過ごしている。
それでいて別に仕事面で困ることはなく、それだけにプライベート面で何かしようというモチベーションが生まれない。
こうした現状にて何ら問題がない場合に取るべき対策(?)とはなんだろうか。
現状に満足したらおしまいを地で行っている。
まずは体力的な改善から行うべきだろうか……と思いつつ、このペースでは一瞬で8月くらいにはなってしまいそうではある。
そんな現状。

2022年の目標

あけましておめでとうございます。
別途ローカルで管理し始めたので、あまり外部に書く意味も無いのかなと思うのだけれど、
一応外に書いておかないと緊張感の欠片も無くなってしまうので続けたいかなと。

続きを読む

2021年の振り返り

例によって今年の目標はこんな感じ。
harist.hatenablog.jp

正直何かしたかと言えば微妙ではある。
言い訳するならば、仕事に慣れるので忙しかったのがある。
ただ、前職の新卒時はきちんと休みの日にも活動していたので、やはり言い訳である。
勤務も1年経ち、おおよそ視野の広くなって色々と見えてきたので、2022年は改善していきたいところ。
一つずつ振り返ってみる。

続きを読む

やはり何もできていない訳でして

本当に何もしていない。
まぁ特に何もせずとも仕事はできる。
何なら今年いっぱいで想定以上の信頼を得ることができた。
めちゃくちゃ手は抜いているのだが。

その程度感で済んでいるため危機感がないからなのか、あるいはコロナ禍であるせいなのか、インプット・アウトプットともに何もできていない。
する気も起きない。
本当にどうしたものか……。
そんなこともあったと時間を悔やみながら振り返るのか、あるいは崩壊のはじまりなのか。
そんなゴミをネットに放り投げる。

1年経ち迷う

転職して1年経った。
1年前は、環境の変化や文化の違い等々によるパフォーマンスの下がり具合にうんざりしていたものの、最近はおおよそ元通りになってきており、特に頭を働かせなくとも勘で対処できるようにもなってきた。元々レベルの高いことを求められるところから、割と平凡なところに変わったこともあり、実際のところ3割程度の労力で、残業などせず仕事を捌くことができる。それでいて年収が増えて前職よりは労働時間が減り、福利厚生まで付いてきたとなると、求められるレベル云々より身を置く業界や環境なのだとつくづく感じる。
まるで異世界転生ものかと思ってしまうこともあるけれど、天狗になって良いことは一つもないので、気を引き締めていきたい所存。

ただまぁ最近の悩みとしては、自身の課題が見えない。もちろん無いわけでは無いのだが、現状で十分やっていけてしまうが故、目指すゴールを定められない。
自己投資に費やそうにもダレていて、かといって遊んでいるかといえばゲーム等は積んでおり。結局何もしないまま1年が過ぎようとしている。
一体今年は何をやったことやら。
とりあえず会社に慣れるというところは徐々にクリアできてきて、そろそろ次の目標を見つけないとな、という。
答えはまだ見つけられずにいる。

Bauhutteの椅子(G-350)

しばらく前に買った。
www.bauhutte.jp

発売当初から欲しいと思っていて、しばらくの在庫切れ期間を経て数ヶ月前にようやく買えた。
結論から言えば非常に満足している。
その感想でも書いていく。

続きを読む

それは別に自分のやる仕事ではない訳でして

割と雑記しか書かなくなった上、義務的に課していた訳ではないが一応目標としていた月イチでの更新も無くなりだした。
別に仕事が忙しい訳でもなく、むしろ余裕を持ってこなせており、特に何か書くだけの話題がなかったというのが実際のところ。
まぁまぁトラブルも平均よりは上回る頻度で起きているとは思うが、前職のそれと比べると平和そのものではある。
そんなところで自身のスキル向上などもなく、せめて真横に伸びていたら良いとは思うものの、その実態は下がっているに違いない。
しかし何もせずともこなせるだけに危機感も生まれず、過去の貯金を食い潰しているのである。

正直得られるものはすべて得てしまったというのが正直なところ。
ただ楽に暮らしていくと割り切るのならこのままダラダラと続けていくのもありだと思うが、いかんせんつまらない。
しかし次に行くにも実績がない。早くも詰んできた様子。
やるかどうかはさておき、せめて現状を面白くできるような改善点でも考えてみましょうかね。
まぁ何よりの問題点はどこから手を付けたら良いのかが分からない点にあるのだが。

1.全体的なレベルの低さ
一応はIT系であるとは思うのだが、全体的なレベルが低い。それは学歴然り、エンジニアとしての能力然りである。
コードは書ければ良い、で終わっている。全体的な可読性の低下や、技術的な負債などお構いなし。
サイボウズの新入社員向け資料など見ていると、多分こちらでベテランとされている人員よりあちらの新人の方が技術力が上なんじゃないかと。
そもそものレベルが低い場合はどうすればよいのやら。そして気質的にもエンジニアという感じではない。技術的な好奇心など皆無だと思う。
反対に一部の使える社員は仕事量に忙殺されている。


2.プロセスの効率の悪さ
具体的なプロセスの詳細は省くが、まぁ責任者がチェリーピックしてデプロイする、くらいの効率の悪さがある。
アジャイルとは程遠く、ただ短い期間の無茶振りウォーターフォールが繰り返されているだけだ。
何かしら具体的な計画がある訳でもなく、五月雨式にタスクをこなす。
製品全体を俯瞰したデザインがあるわけでもなく、一部の客から言われたことをすぐ対応してしまう(立場上ある程度は仕方ないのかもしれないが)。
そして無論テストコードなど無い。
人が仕様のすべてを把握しきれる訳でもなく、その漏れによりまたトラブルが発生する……など。


とりあえずはこんなところか。
思いつくまま書いたものの、1と2は相互関係にあり、レベルが低いからプロセスの効率が悪くなっている。
そしてそのプロセスは改善の方向に向かわない。
当然ながら銀の弾丸などもなく、現状に耐えつつ地道に改善する。
そして改善が当たり前になるような文化を醸成する。
そんなステップはおぼろげながら見えているものの、自分にそこまでする権限もモチベーションも無い。
何よりどこから改善すれば良いかも見えていない。


そんなことを考えている最近。